ケアマネ試験を頑張っている受験生へのブログ

ケアマネ試験勉強をいかに効率良く、受験生活を楽しみませんか?

2024年ケアマネ試験突破への道: 効率的な学びで合格を引き寄せる

#ケアマネ受験#ケアマネ試験勉強法#ケアマネオンライン講座#ケアマネ受験過去問
効率的な学習方法


こんにちは

ケアマネ試験まで、後183日

2024年のケアマネ試験に向けて、勉強方法に悩む受験生が多い中で、限られた時間と教材や参考書などのツールを最大限に活用する方法を見つけ出けることが大切です。


「独学勉強法」と「無料勉強会」だけでは、本試験に向けて、十分でないことは受験生の皆さんも感じている方も多く、その一方で高価な講座に参加に頼るのも本当に価値がある「合格」できるのだろうかと誰しも思います。

ここでは、そんなジレンマを乗り越え、確かな合格への道筋のヒントをお伝えします。



かつて、一生懸命に営業しても成果が出ない営業職の人がいました。彼は「やり方に間違いはないはずだ」と自信を持っていましたが、結果が伴わなかったため、その方法に、疑問を投げかけることが必要だったのです。

これは、「ケアマネ試験の勉強」にも当てはまります。

ケアマネ試験に「合格」するには、ただ一生懸命に勉強して知識を詰め込むだけでなく、知識をどのように過去問を解く際に活用するのかその方法を見直し、必要に応じて、柔軟に調整することが不可欠なんです。


多くの受験生が経験していると思いますが、「自分だけの力」で勉強するのは限界があります。

過去問や参考書だけではカバーしきれない部分が必ず出てきます。

ここで大切なのは、「効果的な勉強方法」を身につけ、限られた時間を最も有効に使うことです。


独学学習の限界を感じた時、「質の高い指導」を受けることで、今まで苦戦していた単元が、私の勉強会に参加して、短時間で、理解でき得点に結びついた受験生さんがいらっしゃいました。


つくしケアマネ塾では、それぞれの受験生さんの「ニーズ」に応じた指導を行い、効率的な学習プランを提供しています。


お金をかけることへの抵抗は誰しもあり、苦い経験をされた方もいるでしょう。わたしも過去に何度かそういう経験があり、理解できますが、適切な投資は時に大きなリターンをもたらすものです。

ケアマネ試験に「合格」という目標に向かって、効果的な学習方法を見つける手助けをすることが、私の使命だと思っています。過去の受験生さんからは、「悩める受験生さんの救世主」と名付けられました。


まとめ
ケアマネ試験の合格するための試験勉強は、決して簡単ではありませんが、「正しい方法」「適切なサポート」があれば、必ずあなたの目標は叶います。


ケアマネ試験に合格するために必要なのは、「適切な勉強法」と時には「専門的な支援」求める勇気です。

つくしケアマネ塾は、その第一歩を踏み出すあなたを全力で支援します。「無料体験授業」「無料相談会」に、参加してあなた自身が、本当に、投資する価値があるのか?見極めてください。


その後は、ご自身で考えてくださいね。

「ともかく部隊的に動いてごらん 具体的に動けば具体的な答えが出るから」

みつをさんの言葉です。

本気で「合格したい」と願う受験生さんは、私と一緒に、合格への扉を開きましょう。

tukushi-juku.com

https://tukushi-juku.jp/

lit.link

無料相談・無料体験授業 こちら

「朝の黄金時間を活用して、2024年ケアマネ試験の合格を掴む!」

#ケアマネ受験#ケアマネ試験オンライン講座#ケアマネ合格率#ケアマネ受験過去問#ケアマネ試験参考書
明日から始めよう!早起きは勉強効率向上の鍵


こんにちは

本試験まで、あと188日6か月余りですね。

試験日は、日々刻々と迫ってきます( ノД`)シクシク…


「忙しくて勉強時間が確保できない」と感じている2024年ケアマネ受験生の皆さん、日々の生活に、1つだけ変化を加えることで、驚くほどの勉強時間が確保でき、勉強効率も大幅にアップするかもしれません。


それは「早起き」です。

一見、単純なこの習慣が、なぜ、これほどまでに力を発揮するのか、考えてみましょう。


私は、10代の頃はこの習慣がありましたが、社会人になってからは、夜勤や不規則な勤務時間が、生活のリズムを乱し、早起きが難しくなりました。今現在は、6時過ぎ、7時頃でないと起きられず苦手です( ノД`)シクシク…

かつて、ケアマネ試験「勉強の時間確保」に悩んでいた私が、学生時代に発見した「早起き」というシンプルな解決策。


ケアマネ受験勉強を始めるにあたり、再び、「早起き」を取り入れることで、限られた時間の中でも質の高い勉強時間を確保することができました。


朝の時間は、頭がクリアで集中力が高まるため、短時間でも効率よく学習することが可能です。


この小さな習慣が、時間管理はもちろんのこと、生活全般にポジティブな変化をもたらしました。


朝の清々しい時間に、集中して勉強することで、1日を通じての生産性が格段に向上し、その結果、ケアマネ試験の学習にも大きな変化をもたらしました。

夜は、11時ごろには、就寝して、朝4時半~5時に起きて勉強をしていましたことを思い出します。


あるケアマネ受験生は、毎朝30分早起きして勉強時間を確保することで、試験の4ヶ月前から効果的に、学習を進めることができたと語りました。

お子さんが小さくて、夜は寝かしつけるとき、疲れて一緒に寝てしまうそうです。なので、朝3時半、4時に起きて勉強されていた方も過去にいらっしゃいました。


この小さな変化が、大きな結果をもたらし、見事「合格」を勝ち取ることができたのです。


早起きがもたらす静けさと集中力の向上は、他のどんな学習テクニックよりも価値があると受験生の体験談からも分かりますね。



まとめ

忙しい毎日の中で、勉強時間を見つけることは、難しいと思っている方も10分、15分でもいいので・・「早起き」という1つの習慣が、その困難を乗り越える鍵となるかもしれません。

朝の貴重な時間を使って学習することで、ケアマネ試験に向けて「勉強時間を確保する」ことで、試験準備を着実に1歩進められます。


いま、「勉強時間がない」と感じている受験生の皆さん、明日からでも、早起きをしてみませんか?

ご自分の人生を変える一歩が、そこに隠されているかもしれませんよ。


tukushi-juku.com

https://tukushi-juku.jp/

lit.link

『2024年ケアマネ試験挑戦記 - 不安を力に変える勉強法と心構え』

#ケアマネ受験#ケアマネオンライン講座#ケアマネ合格率#ケアマネ受験過去問#ケアマネ試験参考書
新年度スタート!ケアマネ試験を目指す受験生

こんにちは

新年度がスタートして、早3日が過ぎ、4日ですね。刻々と1日が過ぎていきます。

ケアマネ試験まで、あと192日です。

受験生の皆さんは、「もしも…」から始まる不安や期待、それは、何か新しいことに挑戦しようとする時、誰もが抱く自然な感情です。


特に、難関と言われるケアマネの資格取得を目指す2024年の受験生にとって、この「もしも…」は常に心の隅にありませんか?

本記事では、受験生が抱える様々な不安や期待に寄り添いながら、挑戦を続ける力となる勉強法と心構えをご紹介したいと思います。

今年も、数多くの受験生がケアマネ試験の挑戦を決意し、勉強を始められた方も多いと思います。中には、再チャレンジする人もいれば、初めての挑戦をする人もいますね。


それぞれに、「もしも・・」基準点が下がれば「合格」できるかもという期待や不安がありますが、共通しているのは、全力を尽くしたいという強い思いで、試験勉強をしているかどうかです。

ある受験生さんのストーリーを紹介したいと思います。


再チャレンジする佐藤さん

佐藤さんは昨年、わずかな点差で不合格となりました。

その時の悔しさをバネに、今年はさらに効率的な勉強法を探求しています。

「どうすればもっと効率よく覚えられるのか?」「どうすれば、試験で落ち着いて問題に向き合えるのか?」佐藤さんは日々、これらの疑問に答えを出そうと奮闘しています。


初チャレンジの鈴木さん

鈴木さんは、介護の仕事に就いてからずっとケアマネージャーの資格を取りたいと考え試験勉強を始めました。しかし、仕事と家庭のバランスを取りながらの勉強は簡単ではありません。

「忙しい毎日の中で、どう時間を見つければいいのか?」「勉強が続かなかったらどうしよう?」初めての挑戦には、そんな不安・疑問がつきものです。


克服のカギ

佐藤さんも鈴木さんも、不安や疑問を完全に、払拭することはできません( ノД`)シクシク…

しかし、彼らは、不安を前向きなエネルギーに変える方法を見つけています。


*佐藤さんは、昨年の経験から「自分に合った勉強法」を模索し、鈴木さんは「短時間でも集中して勉強する」工夫をしています。


*どちらも「結果を気にせず、目の前のことに全力を注ぎ、出た結果はすべて受け入れる」という心構えで、日々の勉強に臨んでいます。

あなたは、どうでしょうか?

難関試験と言われるケアマネ試験に、どう向き合っていますか?

難関と思う壁は、自分が作っていませんか?確かに、「合格率」は、20%前後ですが、試験問題は、基礎知識が問われている試験です。そんなに難しい問題でもありません( ノД`)シクシク…

ただ、勉強の仕方や心構えが横道にそれていると、20%の壁を超えることは難しいです。

上位20%の中に入るには、どうすれば良いのか?

色んな不安や焦り、疑問等があると思いますが、一つひとつ紙に書き出してみてください。

頭で色々と考えても、勉強をスタートしないことには、不払いすることは出来ません。


まとめ

ケアマネ試験に向けた勉強は、単なる知識を詰め込むだけではありません💦

自己成長への道でもあり、挑戦するすべての人が抱える不安や期待を乗り越える旅でもあります。

192日後には、あなた自身の挑戦が、どのような結果をもたらしても、そのプロセス全てが、価値あるものになります。

挑戦したその事実だけで、すでにあなたは素晴らしいのですから、今は目の前の勉強に集中し、自分を信じて進みましょう。


tukushi-juku.com


お悩み・受験相談 こちら

lit.link


ケアマネ受験生のモチベーション維持術

#ケアマネ受験#ケアマネ試験オンライン講座#ケアマネ受験勉強#ケアマネ受験過去問#ケアマネ試験参考書
試験勉強の本当の目的とは?

こんにちは

***今日の勉強コラム***

”木を見て森を見ず!からの脱却

**************


ケアマネ受験生の皆さんは、試験勉強を始めようと思ったとき「よーし、頑張るぞ」と参考書買い、テキストを見て、問題集を解くなど・・モチベーションも高く頑張っていませんでしたか?


それが、いつの間にか、毎日勉強することが苦痛になっていませんか?


そもそも、あなたは、「なぜ、ケアマネの試験勉強」をしているのでしょうか?


時に、立ち止まって、考えてみることも必要ですね。


私もブログを書く、動画を撮ることなどの情報発信する目的が明確でも、目の前のことが、本来の目的とすり替わっていて、ハッとするときがあります。


ただ、本来の目的が明確であれば、気づけば、すぐに軌道修正できますが、その目的が曖昧だと、立ち止まった時に・・


「もう疲れちゃったから、や~~めた!」となってしまったり・・( ノД`)シクシク…

「一体、何でこんな大変なことをやってるの?」

迷走から抜け出せなくなってしまうような感じになったりしたことはありませんか?



勉強を始めたころは、『スキルアップしてケアマネのになりたいなぁ~』とボヤっとした目的で始めるのも良いと思いますが、今年2024年本気でケアマネ試験合格を目指している、あなたの目的をしっかり言語化して、自分の中にインストールしていきましょう。



「木を見て森を見ず!」状態から脱却するためにも、あなたの『夢と仕事を結ぶ目標』を明確にすることが、10月のケアマネ試験の長い旅の中で、モチベーション維持し継続して試験勉強を楽しみ、ケアマネ試験に、「合格」する重要なカギです。


なぜなら、そこをハッキリさせず、後回しにしてしまうと、壁にぶつかった時、ポキッと折れてしてしまいます。



初受験の方や2回目以降の再チャレンジされ、次のステージへ行きたい方にとっては、全てが未知の世界へのチャレンジとなります。


時には、道に迷ったり、大きな壁にぶつかったりすることはありますが、あなたの目的・目標である「ケアマネ試験合格」を目指して、試験勉強の基礎知識の土台がしっかりしていれば、道に迷っても、壁にぶつかってもすぐに軌道修正ができます。

今、行動が止まりそうな方、止まってしまった方は、あなたが、なぜ、ケアマネ試験を受験しようと思った『そもそもの目的・理由』をもう一度、思い出してみてくださいね。

ほんの一言、ご感想やコメントいただけたら、とてもうれしいです!

何かご相談などもありましたら、お気軽に返信ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

tukushi-juku.com

https://tukushi-juku.jp/

lit.link

受験相談・無料体験授業など

予約


ケアマネ試験勉強から得る人生の収穫とは?

#ケアマネ受験#ケアマネ試験勉強法#ケアマネオンライン講座#ケアマネ受験過去問
未来への一歩:ケアマネ試験での成長と成功

こんにちは

ケアマネ試験日まで、後205日ですね。

2024年10月13日に迫るケアマネ試験に向けて、受験生の皆さんは多くの時間と労力を費やしていると思います。

ケアマネ試験勉強の学習の過程で、明るい日もあれば、挑戦と苦悩の日もあると思います。


ここで、ある重要な考え方を共有させていただきます。


「晴れの日も雨の日も両方必要なように、降りかかってくる良いことも悪いことも、両方必要です。」


この考え方は、ケアマネ試験の勉強にも当てはまります。


ケアマネ試験勉強をする中で、直面する難問や理解できない概念は、単なる障害ではなく、あなたの成長の機会です。


これらの「雨の日」が、試験勉強を進めるうえでの、より深い理解や洞察を育む水となります。


また、試験勉強で直面する困難は、将来、ケアマネージャーとして直面するであろう実際の課題への対処方法を教えてくれます。


困難を乗り越えることで、自分だけでなく、他人を助ける力も身につけることができます。


私たちが経験することは、それ自体が中立であり、良いか悪いかは私たちの受け止め方次第です。


過去の挑戦を振り返るとき、それらがあったからこそ今の自分があり、これからのケアマネージャーとしての成功に向けての基盤が築かれたと気づくでしょう。


試験に向けての勉強期間は、ただの通過点だけでなく、自分自身の成長、理解の深化、そして将来の成功への道を切り開く重要な過程です。


ですから、過去の出来事を、新たな視点で捉え直し、それを自分の成長の糧とすることで、今、この瞬間から人生を変えていくことができます。


2024年10月13日の試験日に向けて、受験生の皆さんが、これまでの経験を糧にして、最高の準備を整え、自信を持って試験に臨めるよう願っています。


雨の日も晴れの日も、全ては皆さんの、受験生の皆さんの「成長と成功のため」に必要なのですから。


ケアマネ受験対策講座のご案内 こちら


お悩み・受験相談 こちら

ただいま、オンラインZOOM自習室&勉強会を開催しています。
時間は、20時~21時です。


3月限定 オンライン無料自習室&勉強会
時刻: 20時〜22時(出入り自由)

参加 Zoom ミーティング
https://us06web.zoom.us/j/87182783321?pwd=2GUW6ORwgbJROqedzXTVwEuNH6NAYs.1

ミーティング ID: 871 8278 3321
パスコード: 914421

20時に、画面に問題が出ます。(20時40分まで)
訪問された方に向けて、21時から解説を行います。

1問でも多く問題を解いて、重要なポイントを押さえていきましょう!


『すねない・なめない・恐れない』〜ケアマネ試験に挑むあなたへ贈る勇気の言葉〜

#ケアマネ受験#ケアマネ試験オンライン講座#ケアマネ合格率#ケアマネ受験過去問#ケアマネ試験参考書
夢に向かって踏み出す!忙しい日々の中での挑戦

こんばんは

試験日と「合格発表日」が、11月25日、ほぼ決定されたようですね。

2024年10月13日、多くの受験生さんが、ケアマネ試験合格に向け、日々の勉強に励んでいると思います。

仕事、家事、子育て、そして大切な人の介護など、それぞれのライフスタイルの中で勉強時間を見つけることは簡単なことではありませんね( ノД`)シクシク…


今日は、そんな忙しい中でも自分の夢に向かって一歩ずつ進んでいるあなたに、心からの応援メッセージを送りたいと思います。


ある日、私は、人生の先輩から、仕事と人生において大切にすべき3つの原則「すねない・なめない・恐れない」を教わりました。


この教えは、私が、直面する数々の挑戦や逆境、時には心を痛める出来事に遭遇しても、決して立ち止まらず前に進む力をくれました。


仕事ができる人、人から尊敬され、次々と新しいステージへと進んでいける人たちは、失敗を恐れず、むしろそれを自己成長の糧に変えています。


彼らにとって、「ピンチはチャンス」逆境こそが、自分を高める貴重な機会なのです。

これは仕事だけでなく、人生においても大切な姿勢であると教わりました。


仕事する中で、挫折や失敗、予期せぬ評価に直面することは誰しも経験しているのではないでしょうか?


しかし、そうした時こそが、「成長のチャンスである」と考えることができます。


失敗や悔しさは、その瞬間は辛いものですが、それを乗り越えた時、自分自身の成長に繋がります。


合格への道は、失敗の積み重ねの上に、築かれるとも言われています。


本当の失敗は、「挑戦しないこと」にあります。


完璧を求めすぎてしまうと、私たちは成長の、成長の機会を逃してしまいます。


伸びる人、成功する人、周りから支持される人は、どんな困難に直面しても、「すねない、なめない、恐れない」という姿勢を忘れてはいけません。これこそが、ケアマネ試験合格への道を切り拓く鍵です。


ケアマネ試験の勉強は、ただでさえ仕事でクタクタに疲れ、家庭の責任を抱えながらの勉強は大変です。


しかし、どんな逆境にあっても、「すねない・なめない・恐れない」の精神を持ち続けることが、困難を乗り越える力になります。

「失敗から学び、成長していく」それが、合格への道です。


まとめ
あなたがこの、この試験を通して得るものは、単なる資格やスキルだけではありません。

それは、自分自身や周りの人々との深いつながり、そして何よりも自分自身の成長になるのです。


うまくいかなかった時は、もう一度立ち上がり、学び、成長することで、合格への道を切り拓くことができます。


どんな困難も、あなたの強さとなります。


だから、「す・な・お」に、レッツトライ。


何があっても、「すねない・なめない・恐れない」を忘れずに、あなたの夢に向かって進んでください。


最後に、あなたがどんなに忙しくとも、自分自身に優しく、自分の心と体を大切にしてください。


勉強の合間には、適度に休息を取り、リフレッシュすることも忘れずに・・


そして、人生のあらゆる挑戦において、勇敢に、そして前向きに歩み続けられることを願っています。


あなたのケアマネ試験合格を心から願っています。


レッツトライ!

そして、夢に向かって、輝かしい一歩を踏み出してください。


お悩み受験相談・無料体験授業など随時受け付けています。

下記のリンクよりご予約できます。

tukushi-juku.com

https://tukushi-juku.jp/

lit.link


成長するための一歩:ケアマネ試験勉強のヒント

#ケアマネ受験#ケアマネオンライン講座#ケアマネ合格率#ケアマネ受験過去問#ケアマネ試験参考書
ケアマネ試験勉強のコツ

ケアマネ受験生の皆さん、こんにちは

2024年10月に迫るケアマネ試験の準備はいかがでしょうか?


「ケアマネ試験勉強しなきゃ」と思いながらも、なかなかスタートラインに立てないでいる人も多いのではないでしょうか?

試験勉強への不安理解できないことへの焦りは、実は、成長するための大切な一歩なのです。

今回は、そんな心の不安を糧に変えて、ケアマネ試験に挑むためのヒントをお話しします。


心の不安は成長の始まり

Aさんは、ケアマネ試験勉強を始めようとしても、どこから手を付ければいいのか分からないでいます。

仕事が忙しく、家庭もあり、勉強時間を確保するのが難しい、難しい日々を過ごしていました。

しかし、この「わからない」と思う感情こそが、成長への第一歩なのです。

Aさんは、まず、小さな一歩から始めることにしました。

毎日、通勤時間を利用して、ひとつの単元に関する記事を一つ読むことからスタートしました。

そうすると徐々に、理解できる分野が見えて「分からない」というトンネルから抜け出して、一筋の光がみえてきました。


行動から学ぶ

Bさんは、実際に過去問を解いてみるも、多くの問題でつまずきます。

しかし、間違えた問題から、なぜ間違えたのかを分析して、より深く学ぶことで、知識の理解深まることを発見しました。


この「やってみたらわかった」経験が、ケアマネ試験勉強への学びを加速させました。

仲間との学び
Cさんは、勉強会に参加しました。

様々なライフスタイルを持つ仲間たちと一緒に学ぶことで、新たな視点や解決策が見えてきます。
一人では、理解できなかくて、見えてこなかった解答の方法や勉強法を共有し合うことで、モチベーションの向上につながりました。


まとめ

ケアマネ試験の勉強において「わからない」「理解できない」という心のモヤモヤ、不安は、自分にとって成長の余地がある証拠です。


大切なのは、そのモヤモヤ、不安を恐れず、小さな一歩から積極的に行動に移すことの大切さです。

過去問題を解いて、間違いから学び、仲間と共に知識を深めることで、試験の日を迎える頃には、自分の成長を実感してください。


今は、難しいと感じることも、毎日勉強し続けることで、「あ~そういうことなのか」「正しい勉強法を実践」していれば、クリアできる日が必ず来ます。


その日まで、コツコツと1日10分でも良いので、一歩一歩前進して、共に試験日まで頑張りましょう。


※2024年ケアマネ受験生の皆さんへアンケートのご協力お願いいたします。

forms.gle



受験勉強のお悩み・疑問等がありましたら、ホームページより「簡単24時間Web予約」ができます。

tukushi-juku.com

https://tukushi-juku.jp/

lit.link



ケアマネ試験勉強「合格の道」へ、息切れを乗り越える方法

#ケアマネ受験#ケアマネ試験勉強法#ケアマネオンライン講座#ケアマネ受験過去問
学習の継続を支える工夫と心構え


こんにちは

ケアマネ受験生の皆さんは、「ケアマネになりたい!」と心から思い、自らケアマネ試験の勉強を始められたと思います。

誰からの強制でもないこの挑戦に、なぜか途中で息切れを感じてしまう…( ノД`)シクシク…


そんな経験、ありませんか?


勉強を続けることの難しさは、必ずしも忍耐力や継続力の不足だけではありません。

今日は、続かない本当の理由と、その乗り越え方についてお話しします。


あなたが、ケアマネの勉強を始めたのは、「高齢者や障害を持つ人々の支援に真剣に貢献したいという強い動機や思い」がありませんでしたか?


初めはその熱意だけで、毎日勉強することが可能でした。

しかし、時間が経つにつれて、モチベーションの維持が難しくなり、勉強のペースが落ち始めます


なぜでしょうか?

多くの受験生が陥る、陥るこのパターンは、しばしば「承認欲求」によるものです。


例えば、勉強の進捗をSNSで報告し、「頑張ってるね!」というコメントを受け取ることが、勉強の動機に変わってしまうケースがあります。


最初は、励みになるこのフィードバックも、徐々に減少していくと、勉強への意欲も低下します。


この問題の根底には、勉強を続ける「真の理由」曖昧になっていることが原因にあります。


では、どうすれば長期的に勉強を続けられるでしょうか?


重要なのは、自分の内面にある「ケアマネになりたい!」という気持ちを、他人からの承認ではなく、自分自身の成長や目標達成へと向けることです。


勉強の進捗を記録することは有効ですが、それを公表することに意味を見出さず、自分自身でその成果を認めることが大切です。


また、勉強の方法を見直すことも一つの解決策です。

*一日中机に向かうのではなく、短時間でも集中して効率よく学ぶ。

*休憩時間を設け、自己ケアにも時間を使う。

*小さな目標を設定し、達成したら自分を褒める。


これらの工夫によって、勉強への取り組み方が変わり、長期的なモチベーション維持に繋がります。


まとめ

ケアマネ受験勉強を続けることは、確かに容易ではありません。

しかし、自分自身の真の目的を見つめ直し内発的動機づけに基づいて学習を進めることで、継続の壁を乗り越えることができます。

承認欲求に振り回されるのではなく、自分自身の内面から湧き上がるやりたい気持ちを大切にしてください。

今、あなたのケアマネ試験勉強に取り組んでいる努力が、やがて大きな成果へとつながることを心から願っています。


勉強法が分からない、何から手を付けていいか分からないなどお悩みなどありましたら、お気軽にご相談くださいね。

一人で考えるよりも、一緒に問題解決を考えると新たな視点が見えてきますよ。
下記のホームページから24時間かんたんWeb予約ができます。
tukushi-juku.com

https://tukushi-juku.jp/
lit.link


勇気と困難:ケアマネ試験に挑む受験生の物語

#ケアマネ受験#ケアマネ試験オンライン講座#ケアマネ受験勉強#ケアマネ受験過去問#ケアマネ試験参考書
勉強の困難を乗り越える物語

こんにちは

今日で、2月も終わりですね。

明日から3月になります。年が明けて、早2ヶ月があっという間に過ぎ、1日1日を大切に過ごしたいですね。


ケアマネ試験の独学は、山あり谷ありの旅のようなものです。

時間の制約、仕事、家事との両立、そして無数の勉強法の中から自分に合った方法を見つける挑戦。

花子さんともう一人の受験生の物語を通じて、勉強の困難を乗り越え、自分だけの勉強法を見つける旅をご紹介します。


これらの物語は、勉強に迷いや不安を感じているあなたに、新たな視点と勇気を持っていただければと思います。



ある日のこと、独学で挑むケアマネジャー試験の勉強に日々奮闘する受験生の花子さんは、深夜まで机に向かっていました。



花子さんは、仕事と家事の間で時間を見つけ、一生懸命に勉強しているのですが、進むべき道が霧に覆われ、心が折れそうになる瞬間もありました。

「もっと効率的な勉強法があるはずだ。でも、どうすれば...」と悩む花子さんの前に、ある物語を思い出しました。


「時には回り道にも山あり、谷あり・・・でも、それがまた面白いのかもしれない。」


花子さんは、物語の中で、山を登る大変さや、谷底から這い上がる苦労が、実は人生の旅において大切な経験であることを学びます。

山の頂上から見る景色の美しさ、達成感、そしてそれを手に入れるまでの過程。


それらは、簡単にトンネルを抜けてしまえば、決して味わえないものです。


「人生でなぜこんなに回り道を選んでしまうのかと思うこともあるでしょう。」

そんな時、この物語を思い出してほしいです。


花子さんは、この言葉を心に刻み、ケアマネジャー試験の勉強も、人生の一部に過ぎないと・・

簡単に、トンネルを抜けてしまうよりも、山あり谷ありの道を進むことの価値を、彼女は理解し始めました。



そう、花子さんが直面している勉強の困難、仕事と家事、受験勉強の両立によるプレッシャー、それら全てが、彼女を成長させ、最終的には豊かな景色を見せてくれる「山」と「谷」なのです。


しかし、今回は、少し違った心持ちで、花子さんは、再び勉強に取り組み始めました。

彼女は、各章を一つ一つ丁寧に理解し、自分なりの方法で知識を組み立てていくことにしました。

疑問が生じたら躊躇せず、オンラインコミュニティで積極的に質問しましょう。

そこには、同じ目標を持つ仲間との知識共有の場があります。

また、短い休憩を取りながら、自分を労わり、モチベーションを保つ工夫をしました。

花子さんの勉強法は、決して順調ではなく、苦難のあり一直線ではありませんでした( ノД`)シクシク…

しかし、それが自分にとって最適な方法であることを知っていました。

そして、試験当日、花子さんは自信を持って問題に取り組みました。

結果は「合格」!

花子さんは、ケアマネジャー試験に合格しましたが、それ以上に、自分自身の成長を実感しました。


2024年ケアマネ受験生の皆さん、もしも今、勉強法に迷ったり、仕事と勉強のバランスに悩んでいるなら、花子さんの物語を思い出してください。

回り道もまた、価値ある旅です。

あなたの頑張りが、やがて見せてくれる景色は、想像以上に美しいものになるはずです。



花子さんの物語に続いて、今回はもう一つの物語をご紹介します。

この物語の主人公は、実は私自身です。

ケアマネ試験の準備を始めた当初、大手の某有名な通信講座を受講しました。

毎日、熱心にテキストを読み勉強を進めていたものの、2ヶ月が経過した頃、何かが違うと感じ始めました。

ケアマネ試験の過去問を解いているとき、この勉強法に違和感があると感じて、ネットで情報収集を開始して分かりました。

ケアマネ試験の基本テキストに対応していない、某通信講座の会社さん独自のテキストだったと分かりました。過去問を解いて、テキストにはないことが沢山出てくる( ノД`)シクシク…

これでは、試験に一発合格できない。

それが、試験の3ヶ月前のことです。

思い切って、別の通信講座に切り替える決断をしました。

しかし、その時点での私は、問題を解くことはできても、全体像がつながらない状態でした。

なぜそれが重要なのか、どのように全てが結びつくのかが見えず、試行錯誤の真っ最中でした。


そんな中、試験の1ヶ月前に、運命的な出会いがありました。

それは、YouTubeで見つけた一本の動画でした。

この動画は、今まで理解できなかった内容を、複雑に絡まった糸がほどけるように明快に説明してくれました。

突然、全てのピースがピタリとはまり、私の中で膨大な量の情報が一つの大きな絵として完成しました。


私のケアマネ試験への旅は、確かに遠回りでした。

最初に選んだ通信講座から始まり、途中で講座を変更し、最終的にはYouTubeの動画で大きなヒントを得るという、予想外の経路をたどりました。


しかし、この遠回りが私にとって非常に価値のあるものであったことを、試験を終えた今ではっきりと言えます。

この経験から得た教訓は、勉強法においても人生においても、一つの方法に固執する必要はないということです。

時には、思い切って勉強方法を変える勇気を持つこと

そして、最も大切なのは、自分にとって何が最適なのかを見つけ出すことです。


2024年ケアマネ受験生の皆さん、もし今、勉強法に迷っているなら、私の話を思い出してください。


試験勉強の遠回りを恐れず、さまざまな方法を試してみてください。

初受験の方は、石橋を叩いて渡りたいという気持ちがあるでしょう!

2回目以降の方は、前回の結果を振り返り、同じことの繰り返しをしないということが、合格へ一歩近づくのではないでしょうか?


最終的には、あなたにとって最も合った勉強法が見つかり、それがあなたをケアマネ試験合格へと導くかもしれません。

そして、その過程で得た知識と経験は、試験だけでなく、これからの人生においても大いに役立つことでしょう。

勉強を始めて模索状態の方もいるでしょう。

ネットで検索すると、いろんな情報が溢れている中で、進む方向性が見えなくて足踏みしている方もいると思います。

ケアマネ試験勉強の旅は、長く約7か月ちょっとあります。

色んなアクシデントや思うように時間がとれず葛藤されている方も、毎日少しづつでも勉強を始めていくことが大切です。

試験日まで、あと227日

1日1時間勉強しても227時間です。

勉強時間も大事ですが、「質の高い勉強方法」を見つけると、これからの時間を有効な勉強時間になるでしょう。


確かに、近道や裏技がありますが、山に登るのに、トンネルを抜けるのと同じです。


ケアマネ試験勉強の過程の中で、単に知識を詰め込むのではなく、勉強の中で大事なことを見つけてください。

それが、きっとあなたの今後の人生を大きく変えることになることでしょう。



まとめ

ケアマネ試験の勉強は、ただ知識を詰め込むだけの過程ではありません。

それは自己発見の旅でもあります。

花子さんの物語と私自身の体験から学ぶことは、一つの方法に固執することなく、時には思い切って方針を変更する勇気を持つことの大切さです。

方針、方向性の見直し

様々な方法を試し、自分にとって最適な勉強法を見つけることが、ケアマネ試験だけでなく、人生のどの段階においても役立つ知識と経験をもたらします。


迷えるケアマネ受験生の皆さん一歩踏み出すその勇気が、やがて見せてくれる景色を変えていくことでしょう。

1歩踏み出す勇気


どうぞ、この試験の長旅を楽しんでください。

そして、困った時はいつでも相談してください。

あなたの「救世主」として、一緒に解決策を見つけていきましょう!

tukushi-juku.com

https://tukushi-juku.jp/

lit.link


努力と信念がもたらすケアマネ試験合格への道

#ケアマネ受験#ケアマネオンライン講座#ケアマネ合格率#ケアマネ受験過去問#ケアマネ試験参考書
ケアマネ受験生の挑戦:自信と過信のバランスを探る


こんにちは

気がつくと10日余りお休みしていました( ノД`)シクシク…

日々、仕事と勉強の両立に奮闘しているケアマネ受験生の皆さんの皆さまへ

今日は「自信」と「過信」という二つの概念を掘り下げ、どのようにバランスを取りながら効果的に勉強を進めるかについてお話詩をしたいと思います。


周りに「なんでもかんでも大丈夫」という自信満々の方がいませんか?

この姿勢は、時に、過信や慢心につながるかもしれません( ノД`)シクシク…


少しの不安を感じるのは、実は、自分の能力をより磨き、深く物事を考えるための出発点です。

これは、ケアマネ受験勉強にも当てはまります。


忙しい日々の中で、勉強時間を確保することは、同じ受験生の皆さんに共通していることで容易ではありません( ノД`)シクシク…

どのように、勉強時間を捻出するかは、多くの受験生さんの課題です。


朝の早い時間や、長い一日の終わりに、疲れた体を奮い立たせて勉強する皆さんの姿は、本当に尊敬します。


ここで重要なのが、「この範囲は楽勝だから大丈夫」と思う心境が危険

これは、自信から来るもののように見えますが、実は、過信への第一歩かもしれません。


このような姿勢が、勉強に十分な時間を割かない状態を生み、試験で重要なポイントを見落とすリスクを招きます。


反対に、「本当にこれで合格できるだろうか」という不安は、あなたを前進させる力になります。


これは、自分の能力や準備に対する健全な疑問から生じるもので、過信を避け、勉強法の再評価や理解度の深化を促します。


この不安があるからこそ、ケアマネ試験に対してより集中し、効果的な学習を心がけることができるのです。


この違いを理解し、自信と過信のバランスを上手に取ることが、ケアマネ試験の合格への鍵です。


自信は前進の原動力となりますが、過信は予期せぬ落とし穴を生み出すことがあります。

まとめ
今日の話が皆さんの勉強法に新たな視点をもたらし、日々の努力が実を結ぶことを願っています。

自信を持ちつつ、過信に陥らないように注意しながら、一歩一歩着実に前進しましょう。

忙しい毎日の中でも、自信と過信のバランスを保ちながら、ケアマネ試験の合格を目指しましょう。

この道のりは、簡単ではありませんが、受験生の皆さん一人一人の努力が、必ず結果となって現れることを信じています。

次回のブログで、さらに皆さんの学びをサポートする内容をお届けします。

共に頑張りましょう!


2024年ケアマネ試験「合格」向けてオンライン講座で学べる少人数制で学習効率UP

https://tukushi-juku.jp/

lit.link